市販白髪染め 頭皮

頭皮ダメージとカラーリング

白髪染めなど髪の毛のカラーリングをしていると気になるのが、頭皮へのダメージです。今回は、カラーリングによる頭皮ダメージについてご紹介しましょう。

利尻昆布を超える超稀少ガゴメ昆布使用  ≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

頭皮ダメージの原因は化学物質

白髪染めをしたことがあるある方なら心当たりあるかと思いますが、一般的な染剤は二種の薬剤を混ぜて使用します。そのうちの1剤と呼ばれる染色剤にはジアミン系染料パラフェニレンジアミンやタール色素が、2剤と呼ばれる脱色剤には過酸化水素などが含まれています。脱色作用の過酸化水素も皮膚につくとヒリヒリとした刺激を与えますが、このなかでも特に厄介なのが、パラフェニレンジアミンという物質です。

 

ルプルプのお得なキャンペーン情報はコチラ≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

 

なぜパッチテストが必要か

白髪染めのパッケージや取扱説明書の注意書きに、必ずパッチテストといって腕などに少量を塗布してかぶれないかどうか確認するようにと記載されているのをご存知でしょう。なぜそれが必要かというと、このパラフェニレンジアミンには強いアレルギー反応を引き起こす性質があるからです。また、もしパラフェニレンジアミンが含まれていいなくても、化学染料を使用している限りはこれと似た組成の物質を含んでいます。白髪染めは様々な物質が化学反応をすることで髪の毛を染めるようにできています。これが頭皮上で行われていしまうことは避けられませんから、頭皮にも化学物質が染みこんでしまうのです。

使い続けることでアレルギー反応

このように、染剤を使い続けることで頭皮への化学物質の蓄積が進み、体質によってはアレルギー反応を引き起こす可能性があります。かぶれや喘息などといったものがある日突然発症して、場合によっては慢性化してしまったり、アナフィラキシーショックという急激な発症の仕方をすることがあります。パラフェニレンジアミンによるアナフィラキシーショックには急性喘息による呼吸困難での死亡例もあります。…と、カラーリングによる頭皮ダメージについてご紹介しました。正しい使用方法を守って白髪染めを使用する事はとても大事な事なんですね!

 

利尻昆布を超える超稀少ガゴメ昆布使用  ≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

 

 

ルプルプ(LpLp)白髪染めヘアカラーは敏感肌でも大丈夫/TOP